« 世界に一つだけの | トップページ | 夏の終わり »

コミティア

コミティアに、前回同様ひっそりと参加してきました。

が、

色々と準備不足がたたり、情けない思いを抱えての参加となりました。

まず、いつものように直前に準備をし、出発。ビッグサイト到着後、さぁ入場だと入館証を出そうとしたら、入館証が入っている封筒がない…。

ここで落ち着いて鞄をよく探せば良かったのですが、あわてた私はとっさに時計を見、「家に取りに戻ってもギリギリ間に合う」と判断してしまい、急いで帰宅。しかし、封筒は最初から鞄のポケットに入っていました。とんだ無駄足。首都高代1400円とガソリンを無駄にまき散らかしただけでした。

落ち込む気分を奮い立たせ、自分のスペースへ。そこで初めて隣のサークルさんが、私の敬愛するヒナユキウサ先生のスペースと知り、愕然。忙しくてカタログをロクにチェックしてなかったことを、大いに悔やむ。と、ここでジーンズの尻が破けているのに気づく…なぜ…いつの間に?カートを力一杯押したからか…?緊張と時間が無いのとでスペースの設営に手間取る。

しかし、ヒナユキウサ先生は、一度挨拶したことがあるだけの私を覚えていて下さり、声をかけて頂け、本まで頂きました。尻の破けた情けない状態で挨拶をする私。うう、こんなことなら、私も本を持って来るんだった…

自分の準備不足や心得不足で、至らない部分の多かった今回のコミティアでした。なんだか私一人ダメな参加者だったような、取り残され感を味わいつつも、倉澤先生や有馬先生に声をかけて頂いたり、先週コミケがあったにもかかわらず、足を運んでくださる方もいて、人の情けが身に沁みた一日でした。コミティアは温かい。

|

« 世界に一つだけの | トップページ | 夏の終わり »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界に一つだけの | トップページ | 夏の終わり »