« 女のリポート | トップページ | ペプシあずき »

猫と秋

空気が寒さを帯びてくると、去年の今頃ウメちゃんの看病をしていたのを思い出します。毎日薬を飲ませ、毎日点滴を打ち、毎日の体重の変化や便の具合に一喜一憂して、それでも一日一日確実に衰えていったことを。

今は、一日一日確実に育ってゆくモカがいます。

別れゆく命も巡りあう命も、奪った命も食らった命も、みんなみんな忘れない。みんながいたから、今の自分がいる。

|

« 女のリポート | トップページ | ペプシあずき »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女のリポート | トップページ | ペプシあずき »