« ゲッター | トップページ | ミス »

妹漫画

なんか最近、びっくりするくらい漫画を読んでいます。仕事の合間合間に読んでるんですが、いくら読んでも読み足りないくらいの勢いです。そんな中から、二冊の「妹漫画」を紹介。

「光速シスター」(星里もちる)

星里先生は、キャプテンで「危険がウォーキング」を連載していた頃からのファンで、この「光速シスター」は実に4年ぶりの新作です。日常に、少し不思議が忍び寄る星里節は健在でした。

余計な、野暮な説明を排し、人物のやりとりだけを丹念に積み重ねるその過不足無い演出は、流石ベテランという感じです。良作のテレビドラマを観ている感じ。ヒロインのハナの天然とは少し違うズレっぷりが、微笑ましくもあり心配にもなります。「あの子は何なの?どうなるの?」という読み手の興味を引き続ける構成にただただ感心しました。この作品は漫画の専門学校の教科書に良いのではないかと思います。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(原作:伏見つかさ 漫画:いけださくら)

ラノベで話題になっている作品のコミカライズです。ラノベの方は、読みたいと思いつつも未読だったので、漫画から入ってみました。

いやー・・・面白い。オタクはオタクを扱った作品に、甘い評価をしがちですが、それを差し引いても面白い。本当の自分と、社会における自分のギャップ。「D・M・C」に通じるものがあります。あらすじだけでも面白いのですが、いけだ先生の描かれる桐乃がとても可愛い。肉感的で柔らかそうな描線で描かれたしぐさや表情の一つ一つが、抜群に眼を引きます。いい所で終わっているので、小説の方も読んでみます。

|

« ゲッター | トップページ | ミス »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲッター | トップページ | ミス »