« 七草 | トップページ | 若者はあさってを目指す »

いつかの少年

私は、小学5年生から中学1年生まで北海道の千歳に住んでいました。近くの苫小牧港によく家族で釣りに行っていました。

関東では考えられないことですが、当時は港の岸壁でカワハギがバカのように釣れました。胴付き仕掛けを底まで下ろし、巻き始めるともうかかる。釣れすぎて飽きてしまうくらいでした。

そんな港に、一人で釣りに来ている少年がいました。日に焼け、地元の子なのか近くに自転車がありました。そして、釣れたカワハギを片っ端から小出刃で捌いていました。

今にして思うと、あの少年が私の中の「ナガレ」の原型となったのかもしれません。

カワハギの話をしたら、釣りたくなってしまいました。今の原稿が終わったら行こうかな。

|

« 七草 | トップページ | 若者はあさってを目指す »

ナガレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七草 | トップページ | 若者はあさってを目指す »