« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

冬季オリンピック

冬季オリンピックを見る度に、「女子フィギュアの漫画を描きたい!」と思います。そして、カーリングの漫画も描いてみたいです。カーリングは、間がある競技なので、漫画の演出に向いていると思います。

4年後、もしかしたら描いているかもしれません。

| | コメント (0)

傾聴せよ

来たる28日日曜日、TBSラジオ「ラジオワールド」(19時より)にてSoundHorizonの特番が放送されます。
王国全国民はラジオに傾聴せよ。傾聴せよ。

| | コメント (0)

猫の日

2月22日は、猫の日です。しかも今年は平成22年。2が5個も並んだ大変めでたい猫の日です。猫缶を普段の倍食べさせました。

偶然なのですが、現在執筆中のナガレ53話が、猫に関する話です。しかもカラーを頂いたので、ちょっと猫っぽいのを描きました。

Photo_3

| | コメント (1)

今週のHUNTER×HUNTER

鬼気迫る筆致で描かれたネテロの勇姿に、ただ圧倒されました。

四肢を失ってなお、敢然と戦うキャラに強烈に惹かれます。バオー来訪者のバオー、HUNTER×HUNTERのカイト、ベルセルクのガッツ、からくりサーカスの鳴海、無限の住人の万次や尸良。エヴァも四肢をよく失ってました。

なぜこのような姿に惹かれるのか、原点はやはりガンダムにあるのだと思います。最後の戦いで頭部と左腕を失いながらもジオングを追い詰めた姿に、子どもの頃強烈に憧れました。

| | コメント (0)

国母

私は、着物を着て外出することがあるのですが、以前街中で「ちょいとお兄さん、帯がほどけてるわよ」と妙齢のご婦人に声をかけられ、帯を直してもらったことがあります。

つまりJOCに必要なのは、世話焼きのおばちゃんということです。それだけの話です。

| | コメント (1)

フィッシングショーなう

フィッシングショーなう
二日徹夜して原稿上げてその足でやって来ました、フィッシングショー。
沢山の発見があり、有意義な一日でした。眠気を圧して来てよかった。

| | コメント (0)

ダムカレー

ダムカレー
作りました。話題のダムカレー。正確にはダムカツカレーです。
決壊させつつ食べます。
渓流釣りにとってダムは天敵ですが、それでも必要なダムは、やはり必要なのだと思います。

| | コメント (2)

奥多摩

奥多摩
東京の最深部奥多摩のTOKYOトラウトカントリーのフライ教室へ行ってきました。このような「完全に渓流」の場所でフライを振るのは始めてです。

雪が残っていて、寒いのですが、心は燃えています。講義で、魚の視界や流れに合わせた攻め方を教わり、いざ実釣。

が、正直どう攻めていいのか判らず、バックキャストで枯れススキに引っ掛けたりして、釣りにならず。悪戦苦闘してどうにかニジマス一匹上げて午前中終了。

レストランでピザを頂き、午後の戦いへ。午後から状況が上向いて、ポツポツと上がります。講師の宮崎先生に頂いたフライに、魚が良く寄ってきます。オレンジの視認性のいいフライなんですが、私はフライは黒いもの、地味なものと先入観があったので、これは衝撃でした。このフライで生涯初めてのヤマメを上げました。

あまり遡行せず、一ヶ所で釣っていたのですが、岩を上り下りしていたせいで、軽い筋肉痛です。でも日ごろの運動不足には良い薬かも。

帰宅後、キープしたニジマスとヤマメを炭塩焼きと刺身にして頂きました。生きたまま持ち帰ったニジマスの刺身は、身が張ってとても美味しかったです。前回釣ったイワナの骨を残していたので、イワナ酒を作ったのですがこれが進む進む。

都内と思えないくらい、空気の良いところなので、川開きまでに、また行きたいです。

| | コメント (0)

君は物のために死ねるか

あずにゃんのねんどろいどが、昨日の予約開始後、数分で完売してしまい、暴動に近い騒ぎになりました。私も欲しかったので大変ガッカリしていたのですが、今日、追加生産が決まり、一ヶ月遅れですが無事手に入ります。

「へうげもの」は、戦国時代を「物」や「文化」から描いた画期的な漫画で、物欲旺盛な数奇者大名、古田左介が物に踊らされ、物に囚われ、物に笑い、物に泣く姿を、滑稽に、でも愛らしく描いています。

そう、我々もまた「数奇者」なのです。落とせば壊れるような、ただの「物」に価値を、美を、宇宙を見出すのです。転売屋には判るまい。

| | コメント (1)

歩数

新しい携帯電話には歩数計が付いていて、仕事中、一歩も外に出ない日の歩数を調べたところ、なんと500歩くらいしか歩いていないことが判明し、それからは無理にでも用を作って、コンビニまで歩いたりしています。それでも一日4000歩くらいが限界。

来世は、外を歩く仕事をしよう。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »