« 緑のフリース | トップページ | 水の事故 »

超電王3

6月18日は結婚記念日だったのですが、締め切りがあり何も出来なかったので、翌日の19日に映画を見に行きました。

あるスジからチケットを頂いていたので、超電王3の「NEW電王編」と「ディエンド編」を立て続けに観ました。いやぁぁぁぁぁ面白かった。めちゃくちゃ寝不足だったので寝たらどうしようと思ってたんですが、瞬きすら惜しいくらい食い入って観ました。どちらも90分という尺を見事に生かして、沢山いるキャラの見せ場を確保しつつ、新キャラを出し、バトルにも新要素があり、大筋の話もしっかりしてて、しかもそれが家族愛をテーマにしていて親子で観るのに適している。その一方で自分の趣味を炸裂させる(しかもそれが物語り上の必然性がある)小林靖子氏の脚本手腕に舌を巻きました。なんかもう悔しいくらいよく出来てました。ディエンドの海東は、テレビシリーズでは脚本家によってキャラの解釈が微妙に違ってて、いまいちとらえ所が無かったのですが、今回の劇場版の海東の描写は、一番しっくり来ました。あくまで「盗っ人」であり、自身のポリシーを曲げずに仕事をする男として一貫して描かれ、急に善人になったりする「転び」が無く、しかしそれでも観ている者に悪印象を与えないという絶妙のバランスが良かったです。

ゼロノス編が観れなかったのが悔やまれます。DVDで絶対観る!!

役者の皆さんとてもイイ仕事をしていたのですが、石丸さんのノリノリ具合が、頭一つ出てました。あのチャーハンゴルフは一体誰がやろうと言い出したのか・・・・いや、目茶苦茶面白かったですけど。

|

« 緑のフリース | トップページ | 水の事故 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑のフリース | トップページ | 水の事故 »