« 成長 | トップページ | せめて、希望のかけらを »

なれる!SE

なれる!SE
ラノベ界初のSEを題材にした小説です。大変面白かったです。SEと言うと「ブラック企業」とか「デジタル土方」とかの漠然としたマイナスイメージしかなかったのですが、なんとなく漫画の現場に近い印象を受けました。
ファンタジーもいい、セカイ系もいい、でもそれらの縮小再生産が産むのは動脈硬化だけです。このような既存のジャンルに風穴を開ける作品は業界に新しい刺激を運んでくれると思います。
続編に期待。

|

« 成長 | トップページ | せめて、希望のかけらを »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成長 | トップページ | せめて、希望のかけらを »