« 腐ってやがる | トップページ | トラックと洗濯機 »

ベスト・キッド

「幸せのちから」で親子共演をしたウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスの初主演作「ベスト・キッド」を観てきました。物凄く面白かったです。

84年に発表され、大ヒットした「ベスト・キッド」のリメイク、ウィル・スミスの息子、そして彼にカンフーを教える師匠がジャッキー・チェンと、自分的に観たい要素てんこもりで期待も高かったのですが、それを超える満足度でした。

ウィル・スミスの壮大な親バカ映画とも言われてますが、舞台を用意してレールを引いても、結局走るのは本人です。ジェイデンの肉体から彼の並々ならぬ努力と強い意志が伝わりました。

舞台がアメリカでなく北京になったのも、良かったと思います。これまでは中国人が世界に出稼ぎに行くイメージがありましたが、中国がこれだけ経済発展し、各国が工場を中国に移している現在、アメリカ人が中国に働きに行くというのはこれからもっと増えると思います。影絵のシーンや万里の長城での稽古のシーンなど、東洋的な美を感じる映像がとても美しかったです。

予告編を何度か観たのですが、実はジャッキーが師匠というのが、判りませんでした。やさぐれて、世捨て人のようなアパートの管理人という感じです。吹き替えの石丸さんの声も、これまでの覇気を感じるジャッキーの声ではなく、年老いた印象の演技でした。でも、6人相手に立ち回りを演じる姿に「ああ、やっぱりジャッキー最高!」と感動。動きすぎて息を切らしてもジャッキーは最高です。

土曜のせいか、親子で観に来ている人が多かったように感じます。きっと家でジャケットの脱ぎ着の練習をしているでしょう。小学生だった私たちが、窓拭きをひたすらやっていたように。

|

« 腐ってやがる | トップページ | トラックと洗濯機 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腐ってやがる | トップページ | トラックと洗濯機 »