« ヘッドフォン | トップページ | 未だ修行足らず »

ゲームの日々

TBSラジオDigでゲーム音楽の特集をしていて、ロマサガの音楽を作った伊藤さんがゲストに来ていました。

私が生涯で一番ゲームをしていたのは、18年前の17歳の頃でした。私は17歳で実家を出て、住み込みで新聞配達をしながら漫画を描いて持込をしていました。しかし、親の目が届かない17歳ですから、やりたいゲームがあれば、それこそ朝刊と夕刊の配達以外の全ての時間をゲームに捧げたりしていました。FF、ロマサガ、天外魔境Ⅱ、イース3、西日の指すクーラーのない部屋で、アクエリアスの2リットルペットボトルを片手に汗まみれでプレイしていました。販売所の皆で、食堂のテレビでスターフォックス大会もしました。ドラクエ5の発売前夜にビックカメラ前に並んだりもしました。何キロあるのか判らないくらいの行列が出来ていました。軽装で出て、夜風が冷たかったのを覚えています。その時、並んでいる人の中に、私のデビュー作が載っているヤンサンの増刊を読んでいる人がいて、私のページをパラパラと飛ばしたのが悔しかった。

今、少し時間があってゲームをすると、「総プレイ時間●時間」とか表示されてるのを見て「ああああ、こんだけあれば何ページ下書きが出来たか!!!」と後悔をします。それは、とても貧しいことです。17歳のあの頃のほうが、時間を贅沢に使っていたように感じます。

ゲームに心を燃やしていた時間。それは宝物のようにキラキラと思い出されます。

|

« ヘッドフォン | トップページ | 未だ修行足らず »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッドフォン | トップページ | 未だ修行足らず »