« ナガレ11巻 | トップページ | 命のカウント »

GANTZ

「エロくない。グロくない」との前評判だったので、どうかなーと思っていたのですが観てきました。映画「GANTZ」。いやいや十分グロいですよ。暗い画面と影やアングルで隠す演出が逆に効果的だったと思います。アレ以上が観たいのならもう専門のスナッフビデオでも観れば良い。

ストーリーは原作の仏像編までをコンパクトにまとめてました。4月の後編がオリジナル展開になるようなので、どうオチをつけるのか楽しみです。

松山ケンイチ演ずる加藤がよかったです。松山さんは本当に上手い。原作に無い設定に加藤が父を殺したというのがあるのですが、元々心優しい少年だった加藤が玄野の影響で「弱いものを守りたい」と思うようになり、暴力を振るう父から弟を守るために父を殺したのだとしたら、なかなか象徴的な設定だと思います。

|

« ナガレ11巻 | トップページ | 命のカウント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナガレ11巻 | トップページ | 命のカウント »