« テキーラ | トップページ | やめてあげて »

ダンバイン

実は大人になってからちゃんと通しで観たことが無かったので、今さらですが1話から観てます。相当面白いです。

今になって観ると、これは北朝鮮拉致事件の隠喩の物語だったのではないかと思います。

富野監督は現実の戦争や、国家関係を作品に反映させることが多いのですが、ドレイクが軍事国家として兵器を作りながら、その兵器を周辺国に売り、外貨を稼ぎ、相手に先制打を打たせて自分の国の正当性を守ってから戦争をするあたり、まるでアメリおや、誰か来たようだ。

|

« テキーラ | トップページ | やめてあげて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テキーラ | トップページ | やめてあげて »