« 安部先生の思い出 | トップページ | 誕生 »

ちゃんと描いてますからっ!

ちゃんと描いてますからっ!
星里先生の新刊です。漫画家漫画はイロイロ出てますが、描かない父親の代わりに二人の娘が原稿を描くという、星里先生らしいユニークな物語です。大変面白いとともに身につまされました。

「わずかいっちょまえ」で描かれたような「大人の都合に振り回される子供たちの健気さ」がテーマですが、不覚にも原稿を描かないで逃げ回っているお父さんの方に感情移入してしまいました。そりゃ自分ソックリの絵を可愛い娘たちが描いてくれるなら描かなくなりますわ。その一方で娘の描いた絵が評価されると絵描きとして嫉妬してしまう…漫画家ってホントに性根がガキなんですね。締め切りに向けて頑張って描くのも、大人の責任感より、ガキの意地の方が強いと思います。

しかし、漫画家の家族というのはこんなにも生活基盤に不安を感じているものなのかと反省。生活への不安からお父さんの仕事を手伝うとか、まだほのぼの出来ますけど、援助交際とかされたら目も当てられません。

|

« 安部先生の思い出 | トップページ | 誕生 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安部先生の思い出 | トップページ | 誕生 »