« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

月の観察

夜、マンションの前の自販機に飲み物を買いに出たら、小3くらいの女の子が3DSを持って、なにやら空に向けている。その方角に目線をやると、月。どうやら月の写真を撮っているらしい。

理科の宿題か何かだろうか。私が子供の頃は、天体の写真を撮るなんて、目玉が出るような金額の機材が必要だったのですが、遊び道具で撮れるとは時代が変わったなぁと思います。もしかしてデータで提出するのかな?

時代は変わっても、星を見上げる子供の目の輝きは、変わっていない…といいな。

| | コメント (0)

町山さん

町山智浩さんの本を何冊か読んだのですが、どれも面白いです。

町山さんはアメリカ在住の映画評論家で、映画に限らずアメリカのプロスポーツやアメリカ文化に造詣が深く、アメリカという国を俯瞰で眺める観察者のような人です。その文章は簡潔で軽妙で読みやすく、内容は深い。

そして、スーパースターの転落人生や刃傷沙汰の悲劇を滑稽に皮肉めかして書いていても、町山さんの対象を見る目線には、どこか哀切の感情が感じられる。「人ってこういうものだよね、こういう生き物なんだよね」という諦観と捨てきれない希望のようなものが見え隠れする。

対象を描くことで、実は執筆者を透かし彫りのように浮き上がらせるのがルポやドキュメンタリーの面白さだなぁと最近感じます。

| | コメント (0)

電子書籍

紙の本が好きなので、電子書籍にはやや否定的なのですが、それでも書庫の本棚に入りきらずに溢れている本の山を見ると、データ化してしまおうかという気持ちになります。

もう少ししたらリーダーデバイスの決定版みたいなのが出ると思うので、電子書籍を買うのはそれ以降かなーと思っていたのですが、既に電子書籍を毎日のように読んでました。電子辞書。今の学生さんは重い紙の辞書を3冊も持ち歩いたりしないのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »