« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

夏に凍死しかけた話

今日は風が強く寒かったですね。こんな日はあの日のことを思い出します。

10年位前、私は第二海堡へ釣りに行きました。第二海堡は東京湾のほぼ真ん中にある人工の島で、砲台があった要塞島です。ここに渡船で渡って夜通し釣りをすることが出来ました(現在は老朽化で立ち入り禁止)。

9月くらいだったと思います。夜釣りにはいい季節です。涼しい夜風を受けながら電気ウキを眺めるというのを想像していたのですが、甘かった。夜から急に風が強くなってきたのです。海の真ん中の小さい島です。風を避ける木も建物も無い。風がみるみるうちに体温を奪っていくのが判りました。風が強すぎてガスコンロも使えません。もう釣りどころではなくなり、竿を放置して窪地になっている所に身を丸くして隠し、夜が明けるのを一睡も出来ず待ち続けました。カルパチア号の救助を待つタイタニック号の乗客の心境でした。ちなみに他の釣り人は、テントを用意してました。

夜明けに少し風が収まったので、ルアーを投げていたら、小さいムツがかかりました。これが唯一の釣果でした。

風は恐ろしい。これ以来、夜釣りには一枚多く羽織るものを持っていくようにしています。

| | コメント (1)

「スポ×ちゃん!」について

週刊少年チャンピオンで連載中の「スポ×ちゃん!」が全47話、全4巻で終了することをお伝えします。

端的に言えば「打ち切り」です。理由は挙げればキリが無いのですが、全て私の力不足の一言に尽きます。

告知を受けたのが42話の執筆中でした。突然ではあったのですが、私の中ではある程度予想していたことだったので、ある種の安堵感がありました。

漫画、とりわけ週刊少年誌の漫画の成否は、現在驚くほど早く判ります。1話目のアンケートの結果どころか、1話目の発売日のネットでの反応を見れば、その漫画が売れるか売れないか、ほぼ判ってしまう。月刊誌などでは連載開始から1年後に売れ出したということもありえますが、週刊少年誌ではたった1日で成否が下されます。なので「スポ×ちゃん!」も1話目の反応で、長くは描かせてもらえないことは判っていました。それでも、楽しみにして応援してくれる読者がいない訳ではなく、また自分自身の作品やキャラクターへの愛着もありますので、なんとか出来ることをやり尽くそうと足掻いてきましたが、辿り着けたのはここまでのようです。逆に言うと、少ないながらも熱心に応援してくれる人たちの力と、私の足掻きがなければ4巻まですら届かなかったとも言えます。

執筆中、こんなに足掻き苦しんだ作品は、今まで無かったと思います。しかし、その分自分に足りないもの、自分がこれから必要とするものを知ることが出来た連載でもありました。42話以降は、それらを今後に生かすために色々と試みをしています。描ききれなかったものは多いのですが、それはまた別の機会へのエネルギーに変えて頑張って行きたいと思います。

| | コメント (4)

犯人は…

ベランダのプランターの土が掘り返されてるという不可解な事件があり(ベランダは2階)犯人を推理してみました。

プランターはジャガイモを育てていたもので、多分小さい種芋が残っていたはずです。それをカラスが掘り返して食べたのでしょう。食べ物の少ない季節に生き抜くための知恵に感心しました。カラスは本当に頭がいい。

| | コメント (0)

作詞家デビュー

作詞家デビュー
ナガレが今度web配信されることになったのですが、9巻でリズがQUEENの曲を歌うシーンで問題が発生しました。

webで洋楽の歌詞を使うと、かなりの額のお金を払うことになるらしいのです。そこで苦肉の策として、私がそれっぽい英語の歌詞をでっちあげることになりました。

英語の歌詞と言っても、文法的に正しい英文であればいいというわけでなく、韻やリズムがなければいけません。場合によっては、間違った言い回しをあえてする場合もあるのです。これが難しい。

どのような内容になったのかは、現物を見て確かめてください。

| | コメント (0)

山賊ダイアリー

岡山で実際に猟師をされている、漫画家兼猟師の方が描かれた漫画「山賊ダイアリー」を読みました。大変面白かったです。

猟銃を手に入れる過程から、実際に猟に出て獲物をしとめ、調理して食べるまでを淡々と丁寧に綴っています。全体的に軽妙なタッチで描かれているのですが、時折生々しい描写があり、生き物は他の生き物の命を奪わないと生きられないという根源的な事を思い出させてくれます。

作者の岡本さんが、獲物を仕留めるときに少なからず心を痛めているのが共感できます。私自身も、釣りをし、釣った魚は原則食べる人間なのですが、さんざん釣って殺して食ってきたのに、未だに締める時に微かに覚悟を必要とします。そんな思いをしてまで何で釣りをするのかと聞かれると、まぁ楽しいからというのもあるのですが、一方で何か説明できない「やらねばならない」感があるのです。生き物としての本能のような。

田舎で暮らすことになったら、夏季は釣りと農業、冬は猟というのもいいなぁと思います。

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »