« ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 | トップページ | 翠星のガルガンティア »

病院

かねてから血圧が高めなので、周囲から行くように言われていた病院にようやく行きました。平日の朝の病院です。おじいさんおばあさんで一杯です。待合室で待っていると、一人の腰の曲がった白髪のおばあさんが入ってきて、他の人たちの脱いだ靴を揃えなおしてから(もちろん私の靴も)待合室に上がりました。その自然な姿、まるでそうすることが当然のようなその所作に雷に打たれたような感動をしました。これがキリスト教の言うところの隣人愛というものでしょうか。おばあさんの姿を借りて神さまがその愛を現してくれた…と言うと言い過ぎかも知れませんが、まぁ素晴らしいなと思った次第です。

|

« ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 | トップページ | 翠星のガルガンティア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。
病院で診察を受けられたということで、ご家族の方もきっと安心されたことでしょう。
病院と言えば、まあ、白衣の天使(死語だな)が現れるという田舎伝説がありましたが、ゴッドマザーの降臨を目の当たりにできるとはさすが東京よ。

投稿: カーカー | 2013年3月26日 (火) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 | トップページ | 翠星のガルガンティア »