« 怖い話 | トップページ | トイレ掃除 »

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

劇場版アイマス観てきました!平日の昼なので私だけかなーと思ったら結構入ってて、流石アイマスという感じでした。とてもよかったです。

以下ネタバレ含みます。

アニマスはテレビ版があまりにも綺麗に完結したので、映画でどうするのかなーと思っていたのですが、テレビ版と同じ等身大の春香たちの成長物語として構成され、しかも焼き直しでなく、テレビ版の完全続編と言えるものでした。

着実にキャリアを積み重ねた春香たちは、自分たちが憧れる側から憧れられる側になります。初のアリーナコンサートを控え、765プロのメンバーだけでなく、他事務所のアイドル候補生をバックダンサーとして起用することになり、合同合宿をするところから物語は始まります。

その、アイドル候補生の一人矢吹可奈は春香に憧れていて、一緒の舞台に立てることに舞い上がり、張り切っているのですが、練習を重ねれば重ねるほど、春香達はおろか他のアイドル候補生にすら追いつけない自分に直面し、いつしか憧れていた春香の傍にいることが辛くなってしまいます。

よく、「光が強いと影も濃くなる」と言われますが、春香が憧れられるような強い輝きを放つ存在であるが故に、可奈の心に深く濃い影が落ちてしまったのです。

挫折してドロップアウトした可奈を、春香がどうするのか、それがこの物語の肝であり、春香が765プロの、そしてアイマスという作品のセンターである証しでもあります。とても清清しいラストでした。輝きが生む影、その向こうへ行けた彼女たちの姿に励まされました。

映像的には、冒頭の作中作品「眠り姫」とラストのコンサートの映像は瞬きも出来ないくらいの圧巻の映像でした。特にコンサートのカメラワークはアニメでないと不可能なアクロバットな撮り方で、テレビ版も凄かったのですがそれを遥かに越える素晴らしい映像でした。一方、中盤の日常の描写は繊細な心理描写がなされていました。春香が可奈と電話をした後、窓に春香の顔が映っているのですが、窓の外の雨の雫が涙のように流れたシーンは震えました。そういう微妙な表情や間の演出が冴えていました。

そして、結構地味な稽古シーンが多かったです。これは人によっては退屈かもしれませんが、こういうことの積み重ねが、あのステージにリアリティを与えていると感じました。特に候補生たちは、最初全然踊れなかったので、765メンバーたちに追いつくには相当な稽古をしたと思います。

曲も新旧取り混ぜて堪能しました。欲を言うとコンサートでもう一曲聴きたかったかなぁ。まぁこれは贅沢ですが。

キャラクター全員に見せ場があって、アイマスファンにとっては最高の映画なのですが、アイマスを知らない人が見ても、何かを頑張ろう、自分がしたいことに真っ直ぐであろうという気持ちに成れる映画です。

|

« 怖い話 | トップページ | トイレ掃除 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖い話 | トップページ | トイレ掃除 »