« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

キンドル版

今年の夏から、私の古い作品のキンドル版の発売が始まりました。

「HappyWrld!」と「カケル」の2作が販売開始しています。また、一昨年連載されていた「レンアイガク」のキンドル版も出ています。
また、他のプラットホームでの電子版も多数出ています。
近年、よくネットなどで「漫画の単行本は発売1ヶ月以内に買わないと実績にならないし、作者にとってプラスにならない」と言われてます。それはその通りで、漫画の単行本の印税は一般的に刷った分が支払われるので、発売1年後に売れても得をするのは書店さんだけです。これは今の出版、流通のシステム上、変えようの無い現実です。
しかし電子版というのは、発売開始1年後に1冊売たら、1冊分の印税が作者に支払われます。
短期的な商売は紙の本で、長期的な商売は電子版でというのが、今後の出版界の生き残る道かもしれません。そして何より、月日が経っても、自分の作品を「読みたい」と思った人に、すぐ届けられるというのは、書き手としてはこれ以上なく嬉しいことです。

| | コメント (0)

視る目

朝、家族を駅まで車で送った帰りに、右折しようとしたら対向車線を高校生が自転車で走ってきました。急いで右折すれば十分間に合う距離だったのですが、高校生は急いでいた感じだったのと、私の後続がいなかったので、待つことにしました。そうしたら高校生はこっちに会釈をしながら通過しました。

たったそれだけのことなのですが、それだけで「今日も一日頑張るぞい」という気持ちになります。
車内と車外は、基本的に言葉が届かないので、挙動だけで相手にこっちの意思を伝えなければいけません。「私はあなたを視ています。確認しています。」という意思を。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »