映画・テレビ

《クリード》―チャンプを継ぐ男―

少し前になるのですが映画『クリード』観てきました。「ロッキーシリーズの最新作にして、新たな伝説の始まり!!」と評判が良かったので期待して行きましたが、期待以上に大変面白かったです。
以下、少しネタバレを含みます。
ロッキーのライバルにして親友だったアポロ・クリードには隠し子がいました。名はアドニス。
父アポロはリングで死に、実母も幼くして死んだアドニスは施設を転々としては暴力沙汰を起こしていますが、アポロの本妻メアリーが彼を引き取ります。恵まれた家で高い教育を受け、いい会社に就職し、若くして昇進もするような何不自由ない生活を送っていたアドニスはある日突然仕事を辞め、メアリーの家を離れ、ボクサーを目指します。そしてかつての父のライバルであり親友だったロッキーに教えを請います。引退して完全に「街のレストランのジジイ」になっていたロッキーは始めは断るのですが、アドニスのしつこいくらいの情熱と、彼の中の才能、あるいは「血」に気付き指導を始めます。
私は丁度アドニスとロッキーの中間の世代なのですが、それでもどちらかと言うと年老いたロッキーの方の感情移入して観ていました。物語の途中、ロッキーはガンが見つかるのですが治療を拒否します。妻や友人、愛する者たちは皆死んで自分だけが残った今、延命して何になる、もう自分の人生は「あがり」でいい。という感覚はわかります。しかし、そんなロッキーに「俺も闘うからあんたも闘ってくれ!」と言うアドニスの気持ちもよく判ります。あんたは「あがり」かもしれないけど俺は「はじまり」なんだよ!という思い。病室で治療を受けるロッキーの隣で筋トレやシャドーをするアドニス。その姿は、ありえたかもしれない父と息子の姿のようでした。
アドニスは、生まれは色々ありつつも、恵まれた環境で恵まれた生活を送り、一人暮らしを始めてもすぐに恋人が出来るくらいの男なので、普通に暮らしていれば普通以上の幸せは約束されていたはずです。そんな彼がなぜわざわざボクサーという茨の道を選ぶのか。ラストの試合で苦境に立たされたアドニスにロッキーは問います「何のために闘う?」とアドニスは答えます「俺は過ちじゃない!」と。
闘わねばならない。どんなに恵まれていても、どんなに不遇でも、自分と言う存在を世界に示すためには、何人も闘わねばならない。アドニスとロッキー。ボクシングと病魔と闘う二人の闘士の姿に、強く励まされました。

| | コメント (0)

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

劇場版アイマス観てきました!平日の昼なので私だけかなーと思ったら結構入ってて、流石アイマスという感じでした。とてもよかったです。

以下ネタバレ含みます。

アニマスはテレビ版があまりにも綺麗に完結したので、映画でどうするのかなーと思っていたのですが、テレビ版と同じ等身大の春香たちの成長物語として構成され、しかも焼き直しでなく、テレビ版の完全続編と言えるものでした。

着実にキャリアを積み重ねた春香たちは、自分たちが憧れる側から憧れられる側になります。初のアリーナコンサートを控え、765プロのメンバーだけでなく、他事務所のアイドル候補生をバックダンサーとして起用することになり、合同合宿をするところから物語は始まります。

その、アイドル候補生の一人矢吹可奈は春香に憧れていて、一緒の舞台に立てることに舞い上がり、張り切っているのですが、練習を重ねれば重ねるほど、春香達はおろか他のアイドル候補生にすら追いつけない自分に直面し、いつしか憧れていた春香の傍にいることが辛くなってしまいます。

よく、「光が強いと影も濃くなる」と言われますが、春香が憧れられるような強い輝きを放つ存在であるが故に、可奈の心に深く濃い影が落ちてしまったのです。

挫折してドロップアウトした可奈を、春香がどうするのか、それがこの物語の肝であり、春香が765プロの、そしてアイマスという作品のセンターである証しでもあります。とても清清しいラストでした。輝きが生む影、その向こうへ行けた彼女たちの姿に励まされました。

映像的には、冒頭の作中作品「眠り姫」とラストのコンサートの映像は瞬きも出来ないくらいの圧巻の映像でした。特にコンサートのカメラワークはアニメでないと不可能なアクロバットな撮り方で、テレビ版も凄かったのですがそれを遥かに越える素晴らしい映像でした。一方、中盤の日常の描写は繊細な心理描写がなされていました。春香が可奈と電話をした後、窓に春香の顔が映っているのですが、窓の外の雨の雫が涙のように流れたシーンは震えました。そういう微妙な表情や間の演出が冴えていました。

そして、結構地味な稽古シーンが多かったです。これは人によっては退屈かもしれませんが、こういうことの積み重ねが、あのステージにリアリティを与えていると感じました。特に候補生たちは、最初全然踊れなかったので、765メンバーたちに追いつくには相当な稽古をしたと思います。

曲も新旧取り混ぜて堪能しました。欲を言うとコンサートでもう一曲聴きたかったかなぁ。まぁこれは贅沢ですが。

キャラクター全員に見せ場があって、アイマスファンにとっては最高の映画なのですが、アイマスを知らない人が見ても、何かを頑張ろう、自分がしたいことに真っ直ぐであろうという気持ちに成れる映画です。

| | コメント (0)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

トラと海を227日間漂流すると言う奇想天外な物語を、美しい映像で描いたという触れ込みに期待して観に行きました。すごく面白かったのですが、同時に猛烈に疲労感を感じた映画でした。

ただ海の真ん中を漂流するというだけでも大変なストレスなのに、救命ボートに相席したのがトラ。しかも隙あらば自分を食べようとするトラ。3Dで観たせいもあると思うのですが、全編を通して主人公パイが感じるストレスを直で感じてしまいました。最後にパイが助かると言うのは判っていながら、あまりにも無慈悲に理不尽に降りかかる困難に見ている方が心が折れそうでした。

しかし、多くのことを示唆している映画でもありました。救命ボートにトラと1対1で残されたパイは、一度ボートの外に逃れるのですが、トラが追って海に飛び込みます。トラはボートに登れないので、ボートに戻ったパイは、これで一安心。と思いきや、ボートにしがみつくトラに手助けをしてボートの中に戻してしまいます。そして、魚を釣ってトラに与えて、トラを養うのです。

自分が助かることを考えたら、これは一見不合理な行動です。少ない水と食料を分け与える。しかも、自分に危害を加えるかもしれない相手に。しかしパイはそれを選んだ。それは哀れみでも慈悲でもない。自分が生き残るために他者が必要だったからです。トラがいることで、トラを養うことで少なくともパイは「孤独」という漂流生活最大の敵と戦うことから逃れられました。

もし、あなたが誰かを養わなければならない、世話をしなければならない立場の人だとしたら、「こいつさえいなければ」と思うことがあるかもしれません。しかし、そうではないのです。マイナスにしかならないような存在でも、人は誰かと共にいないと生きる力を失ってしまう。「自分以外の誰かが、ただ生きている。存在している」それだけのことが大きな希望になる。だからパイはトラと生きることを選んだのだと思います。

| | コメント (0)

今夜野宿になりまして

アンタッチャブル柴田さんが、野宿愛好家のカメ五郎さんの指導の元、若手芸人と共にサバイバル生活を敢行するという番組のDVDが出たので、観たのですがこれが猛烈に面白くて、何度も見返しています。

私はナガレのような漫画を描くくらいなので、元々キャンプとかアウトドアものが好きで、自殺島でも抗争シーンよりサバイバルシーン(鹿の解体とか)にワクワクして読んでいます。

食べ物は全て現地調達で、野草を取ったり魚やカエルやヘビを取って食べるのですが、これがどれも美味そうなのです。よく、「人は本当に美味しいものを食べると笑いが止まらなくなる」と言いますが、柴田さんや芸人の皆さんの、「食べた時のリアクション」が本当にこれで、笑いが溢れて止められない感じなのです。グルメレポートの大袈裟なウソ臭い演技のリアクションでない、能書きより笑いが先に沸き起こる感覚。これを映像で撮った物というのを他に知りません。その点において、すごくリアルなドキュメンタリーだと思います。

野宿愛好家のカメ五郎さんが、実にいいキャラクターです。歩きながらスナック感覚で野草をつまんで食べたり、「多摩川は八百屋さん」などの名言が飛び出したり、自然科学に関して物凄い博識な一方で世事に疎く、乗り物に極端に弱いという文明人とは思えない人なのですが、彼の生き物の命を奪うときに「ありがとう」と「ごめんなさい」を忘れないと言う考え方は、文明人でも忘れてはいけないと思います。

金さえあれば何でも手に入るというのは間違いで、自分の力で手に入れた食材を自分の手で調理したものの美味しさ、そしてそれに伴うあらゆる体験というのは、決して金では買えない。自らの体を動かした者だけが手に入れられる。そういうことを改めて教えられました。そして、死ぬ時にあの世に持っていけるものは、そういう思い出だけなのではないでしょうか。

| | コメント (1)

戦火の馬

スピルバーグの最新作で予告を見たときから絶対観たいと思っていた「戦火の馬」を観て来ました。とてもよかったです。

生き別れになった馬と青年が、様々な紆余曲折を経て戦場で再会するという、お涙頂戴のご都合主義のお話なのですが、とても丁寧に作られていて、説得力のある物語として観る事が出来ました。2時間40分とかなり長丁場でしたが、一瞬たりとも気を抜くことなく見事な映像に引き込まれるように観ました。

とにかく映像が美しい。イギリスやフランスの田舎の情景は息を呑むほど美しく、戦場の描写はプライベートライアンのような露骨な残酷さは無いのですが、ひたすらリアルでした。そして馬、馬という生き物が、ここまで演技が出来るものなのかと感心しました。しぐさ、動き、目、その全てで人間より雄弁に感情を語ることが出来る。CGは一切使用しなかったそうです。

真面目な映画ですが、退屈な映画ではありません。広い世代に永く愛される名画だなと思いました。映画館にいたお客さんの大半が年配者で、私が最年少なんじゃないかと思いました。隣の席のおばさんが中盤からずっと泣き通しだったのが印象に残っています。

| | コメント (0)

映画「けいおん!」  唯(ただ)君のために

としまえんで公開日の0時の回を見ました。世界最速です。席の予約をしていたので、余裕を持って家を出たはずなのに、気持ちが変に昂ぶって、自転車をかっ飛ばしていました。

ユナイテッドシネマとしまえんには、続々とけいおんファンが集結。この雰囲気、旧劇場版エヴァ以来だ…!ポップコーンセットを買ってチケットをもぎってもらって劇場内に入るときに、緊張と興奮がマックスになり、口から心臓が出そうでした。

内容は、素晴らしかったの一言に尽きます。以下、少しネタバレあります。

時系列としては、2期最終回の直前、卒業旅行の準備から始まり、旅行本編、帰国後の卒業式という構成で、メインの旅行以外も長い尺がとられていました。全体を貫くテーマとして、梓へ贈る曲(最終回で演奏した「天使にふれたよ!」)を皆で考えるという一本線があり、前半は笑い、後半は感動で涙を振り絞る構成でした。

絵、演出、音楽、演技共に、劇場版だからと変なことはせず、あくまでTV版の路線をブラッシュアップして質を上げていたので、安心して楽しめました。DVDのみの番外編「計画!」を観てると、ニヤリとする小ネタがあります。

私は新婚旅行でイギリスに行ったので、旅行の描写は「あるある」と懐かしい気分になりました。もう少し色んな所に行くエピソードが見たかった気もしますが、その辺は同人で補完します。

この映画は、先輩4人の梓への、ひたすらな思いが描かれていました。進路が決まり、4人は同じ大学に進学が決まっている、そして1人だけ残される梓。寂しくないはずがない。だからこそ4人、とりわけ唯は、梓のためだけの1曲を作り贈る。

誰かのために心からの贈り物を贈る。その素晴らしさ、尊さに胸を打たれました。お金じゃ買えない。お金になんか換算できない、唯一つの貴女のための真心。それを贈る人がいること、受け取ってくれる人がいること。それは何にも換え難い幸せではないでしょうか。エンドロールが流れ終えた後、場内が割れるような拍手が巻き起こりました。私は、ただただ「ありがとう」という気持ちで充たされていました。

帰宅するときは冷たい雨が振っていたのですが、心は暖かでした。帰宅後そのまま冬コミの本のネームを描きましたそう、冬コミの新刊は劇場版「けいおん!」本です。

| | コメント (0)

南極大陸

かつて「ドラマのTBS」と呼ばれたTBSが社の総力を賭けて作ったドラマ「「南極大陸」初回2時間スペシャルを見ました。長い尺にもかかわらず、密度のある内容で、これ1話だけで1本の映画に相当するような出来でした。

昔、フジテレビが作った映画「南極物語」では描かれなかった、当時の日本の世界での立ち位置や、南極観測というのもが世間からどのように捉えられていたのかを丁寧に描写していて、映像としては地味なのですがとても興味深かったです。特に大蔵省に予算を申請したら「そんなものに金は出せない。これからは原子力発電の時代」と切り捨てられるシーンが印象に残りました。その後、新聞社を通して募金を募るのですが、なかなかお金が集まらずに苦悩する主人公倉持の元に、子供たちが5円や1円を握り締めてやって来るシーンは、ベタですがとても胸打たれるものがありました。

主人公倉持の父が、明治時代に南極探検に行った白瀬隊の一人と言う設定なのですが、この倉持の父を「南極物語」で越冬隊員を演じた渡瀬恒彦が演じる辺り、ニヤリとするものがあります。

犬ぞり隊を編成するため、樺太犬を集めるエピソードで、タロジロの飼い主が夜逃げしたせいでタロジロの兄弟のサブローが鎖につながれたまま死んでいたというシーンや、家族のように可愛がっていたリキを涙ながらに見送る子供たちのシーンは、その後、何があるのかを知っている身としては見ていて辛いものがありました。リキは日本に戻ることはなかったのです。

観測船として宗谷の改修工事の設計を担当したのが悲劇の軍艦「大和」を設計した牧野茂氏というは、作り話のようにドラマチックなのですが本当のことです。この改修工事がとてつもない短期突貫工事で金も時間も無かったのですが、日本中から屈強な職人が集まって完成させるところは、プロジェクトXを思い出させます。船好きとしては、宗谷の工事シーンだけでお腹いっぱいです。

見ていて、今の日本がこれほどまでに何かの目標で一つになれることがあるだろうか、と考えました。地震のことも原発のことも、まだ1年経っていないのに、人によってはもう「関係ない、過去のこと」のようになってしまっている。それか、「自分一人が何か動いても何の意味も無い」と諦めてしまっている。そうじゃない。小さい力を集めれば、誰もが不可能と笑うような大きな事だって出来るということを、もう一度思い出して欲しい。そういう強いメッセージを感じました。

エンディングに中島みゆきさんの書き下ろし新曲「荒野より」がかかる。「空と君の間に」以来の犬視点の歌詞に感動。

| | コメント (0)

電人ザボーガー

ラジオで町山さんが絶賛していたので見に行きました。劇場版「電人ザボーガー」

ザボーガーは私の生まれた1974年から放送された子ども向け特撮ヒーロー番組で、特にバイクから人型ロボットへ変形するというアイデアはトランスフォーマーの遥か先を行くものでしたが、当時の特撮技術と予算の都合で、その映像は現在見るとツッコミ所満載で、懐かしの番組として紹介されるときは専ら笑えるネタ番組として扱われてきました。その一方、重厚な人間ドラマで、特撮ファンからは高い評価を得ている隠れた名作です。

それが37年の時を経て劇場版としてリメイクされました。近年多い70年代のアニメや特撮のリメイクは、妙にオシャレなデザインにリファインされてたりして、当時のファンからは「何か違う」と言われていることが多いのですが、本作は、当時のデザイン、当時の演出を忠実に再現していました。ダサいデザイン、無茶な演出、ショボい敵、カッコよく撮り直すことはいくらでも出来たはずなのに原作を愚直なくらい忠実に再現するその姿勢に、原作への強烈なリスベクトを感じました。

その一方、当時の子供からも「無理のある変形」と言われていたザボーガーのバイクからロボットへの変形が、CGで完全に描かれていました。ゲッターロボの変形が、機械としてはありえない変形の仕方をしているのを、後年の映像作品では新しい解釈で理にかなった変形に描かれているように。「無茶な発想も技術が追いつけば可能となる」「大切なのは子供のような大胆な最初の発想」ということを改めて感じました。

そして、今回の映画は2部構成で、2部では主人公大門豊の25年後が描かれます。ヒーローとしての熱を失い、病に体を冒されながらも生きてゆかねばならない大門を板尾創路が好演。全てを失っても「それでも、人は誰かのヒーローになれる」というテーマを真正面から描きます。1部は正直、笑うのとツッコミを入れるのに忙しかったのですが、2部むしろ感動に胸を打たれることが多かったです。大人になって自分の力の限界を思い知り、矢尽き刀折れても、大切な者のためなら何度でも立ち上がる大門の姿に、身につまされると共に、とても励まされました。

主人公をはじめ、脇の竹中直人や柄本明や山崎真美らの演技もノリノリでよかったです。製作スタッフ全員の熱気が溢れる映像でした。人からどんなにバカバカしいと笑われても、大真面目に貫き通す。私もそういう姿勢で漫画を描きたい。

| | コメント (0)

仮面ライダーフォーゼ

4話まで観ましたが、大変面白いです。

私は10年以上前から、「ケンちゃんチャコちゃん」や「あばれはっちゃく」のような子供に見せることを前提とした学園ドラマは、もう誰も作ってくれないのだろうかと思っていたのですが、ついに作られました。

「劇団☆新感線」や「グレンラガン」でその筆力を世に轟かせる中島かずき氏がメインライターなのですが、キャラの魅せ方立て方は今更言うまでもなく、脚本の段階で「魅せる絵作り」がなされているのが素晴らしいです。この脚本ではむしろ面白くなく作るほうが難しい。役者の演技も活き活きとしたエネルギーに満ち、最初デザインを見たとき「微妙?」に見えたフォーゼもスーツアクターさんが動かすとカッコよく見えます。決め技がドリルとロケットというのも漢泣かせ。

まだ、物語が始まったばかりなのですが、中島さんならきっと手に汗握るクライマックスを用意していると思うので、安心して1年楽しみます。

個人的には友子がお気に入りです。ああいう暗い子、大好きです。

| | コメント (0)

SUPER8

新宿に出る用事があったので、ついでに松竹系劇場でSUPER8を観て来ました。なぜ松竹系にしたかというと、もちろんけいおんのマナームービー目当てです。

SUPER8は非常に面白かったです。1979年のアメリカが舞台で、スピルバーグの未知との遭遇や、E・Tやグーニーズを髣髴とさせるストーリーとキャラ描写ですが、その映像は最新の技術で作られており、懐かしさと新鮮さが同居する不思議な映像でした。その一方で、大人たちの都合で揺れる子供の関係や、未知の物に対しての好奇心と恐怖と冒険、淡い恋と友情など普遍的なテーマが描かれており、映画の脚本としてほぼ完璧といって良い出来だったと思います。スピルバーグ的「ワッと観客を脅かす」演出が適度に入るので、一切退屈せず観られました。

マナームービーもゆる可愛くて良かったです。年末が楽しみ。

帰りに軽くお酒をひっかけて、満足して帰宅途中、犬がフラフラとワゴン車の前に飛び出したので、反射的に車を叩いて止めて助けてしまう(ドライバーは気づいてなかった)。黒いテリアかプードルぽい洋犬でガリガリに痩せ、首輪が無い。しばらく観てたら、またフラフラ車道に出ようとするので、やむなく保護。いわゆる「洗ってない犬の匂い」プンプンなのでシャンプーをしてごはんをあげると、猛烈な勢いで食べる。ううう飼い主見つかるかな…なんか捨てられたっぽくもあるしな…とりあえず明日獣医さんと、近所のトリマー屋さんに問い合わせます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧