釣り

夏に凍死しかけた話

今日は風が強く寒かったですね。こんな日はあの日のことを思い出します。

10年位前、私は第二海堡へ釣りに行きました。第二海堡は東京湾のほぼ真ん中にある人工の島で、砲台があった要塞島です。ここに渡船で渡って夜通し釣りをすることが出来ました(現在は老朽化で立ち入り禁止)。

9月くらいだったと思います。夜釣りにはいい季節です。涼しい夜風を受けながら電気ウキを眺めるというのを想像していたのですが、甘かった。夜から急に風が強くなってきたのです。海の真ん中の小さい島です。風を避ける木も建物も無い。風がみるみるうちに体温を奪っていくのが判りました。風が強すぎてガスコンロも使えません。もう釣りどころではなくなり、竿を放置して窪地になっている所に身を丸くして隠し、夜が明けるのを一睡も出来ず待ち続けました。カルパチア号の救助を待つタイタニック号の乗客の心境でした。ちなみに他の釣り人は、テントを用意してました。

夜明けに少し風が収まったので、ルアーを投げていたら、小さいムツがかかりました。これが唯一の釣果でした。

風は恐ろしい。これ以来、夜釣りには一枚多く羽織るものを持っていくようにしています。

| | コメント (1)

初鮎

Imgp0009

今年は、鮎釣りに行かないつもりだったのですが、日にちが空いてしまったので今年初の鮎釣りに行って来ました。1年ぶりなので坊主も覚悟してましたが、小さいのも含め12匹釣れました。2匹バラし。悔しい!でもツ抜けしたので満足。

帰りに、いつも行ってるオトリ屋さんに釣果報告に寄ったのですが、ここの店番をしている中学生くらいの女の子が10匹以上いる鮎の中から、瞬時にオトリ鮎を見分けていました。オトリと野鮎は、確かにパッと見違うのですが、放流したばかりの野鮎は、オトリとあまり違いが判りません。それを一瞬で見分ける。さすがだ…

↓この写真は、帰りにいつも見かけるパチンコ屋。このロゴ…狙ってますよね…

Imgp0026

| | コメント (3)

渓流解禁

3月になり、行きつけの中津川が解禁になったので、行ってきました。朝の6時半くらいに現地に到着すると、もう人の群れ、竿の林状態でした。どうにか人のいない馬渡橋下に入りました。実は渓流でのミャク釣りは初めてです。ドキドキしながら数投エサを流すと、水底を転がるエサのブドウムシを追う細い影、そしてひったくるようなアタリ!ヤマメです!強い引きをなんとかいなして少しずつ寄せ、震える手でアミ入れ成功!ふぅ、この一匹のためにここまで来た。その後、少し下流から責めようと川を歩いていたら、石に足をとられて顔からドボン!全身ズブ濡れです。当日は息が白くなるくらい寒く、死ぬかと思いましたが、折角ここまで来たので、あまり川に入らなくていいフライに切り替えしばらく釣っていたのですが、やはり寒さに耐え切れなくなり早々に帰宅しました。他の釣り人が「いらないから」とヤマメを分けてくれました。

色々反省点もありましたが、一匹は釣れたのでよしとします。去年買った年券が3月一杯使えるので、またリベンジしに行きます!

| | コメント (0)

初釣り

Sh3b02350001

今年の初釣りにとしまえんフィッシングエリアへ行ってきました。豊島園のプールを冬の間だけ管理釣り場にしているものです。夏に泳いだプールで釣りをするというのは、なかなか不思議な感じです。

最初、アタリが渋く「魚いるのかよ!」とイライラしていたのですが、フライをオレンジのマラブーに替えたら、入れ食いモードになりました。練馬サーモン(豊島園で釣れるマスのニックネーム)はヒレのキレイな固体が多かったです。3時間で規定の10匹釣って納管。40センチクラスの大きいのも釣れ満足。

駅から近く、車を使わずに来れるので、バーボンをチビチビ飲みながら優雅に釣りを楽しみました。

帰宅後、練馬サーモンのカルパッチョ、ムニエル、サーモンナカルボナーラにしていただきました。美味しかったです。

Sh3b02360001

| | コメント (1)

撃沈

今年3度目の鮎釣りに行きました。前日から徹夜で作業してアシスタントを車で送ってからそのまま突撃したのですが、見事にボウズを食らいました!!

午前中一杯頑張って0ヒットでした。午後から良くなったのかもしれませんが、体力と集中力が途切れました。まだ元気なオトリを逃がして、あえなく昼に帰還。

何が悪かったのだろう。他の人もあまり釣れてなく、河に入ってはすぐ出る人が多かったです。それでも、全く釣れてない訳ではない様で、ポツポツ拾う人はいました。まだまだ修行不足です。

行きも帰りも中央道で事故渋滞にあいました。連休で車の量も多かったように感じます。行楽に行かれる方は気をつけてください。

| | コメント (0)

未だ修行足らず

今年2度目の鮎釣りに行きました。が、釣果は4匹…本当は5匹釣れたのですが、6匹目を掛けた時に、痛恨のラインブレイク!!オトリ共々流れてゆきました。そして取り込みでバラしたのが3匹…もうね、私の取り込みの下手っぷりは物凄いですよ。へっぴり腰でわたわたして、ちっとも鮮やかじゃないです。見たら爆笑すること請け合いです。

途中、ボーっとしてたら、玉網を紛失してました。が、なんと下流の人が見つけて持って来てくれました。ああああありがとうございます!!鮎師はいい人ばかりだ!!自分もそうありたい!!

今期あと何回行けるか…とりあえず今期中にもう少し取り込みを練習します。

| | コメント (1)

初鮎

今年初めての鮎釣りに行ってきました。解禁は6月なのに8月になってから初めての鮎とは…今年は年券を買ったので10回は行かないといけないのに…

朝一番で出動するつもりが、6時まで爆睡。中津川に着いたのが9時。1年近くぶりなので、かなり下手になってましたが、なんとかまあまあの型を3匹釣りました。3匹取り込みでバラしました。いかん、練習しないと。

少し雨がふったりしたのですが、楽しく過ごせました。しかし、帰りの中央道で、前方を走る車の助手席から投げられたゴミが車を直撃。ああああああ、最後の最後で嫌な気分で帰宅。

| | コメント (0)

ワカサギ釣り

少し前に取材で行ったワカサギ釣りが消化不良(早い話がボウズ)だったので、山中湖へ奥さんを連れ、リベンジに行きました。

例によって徹夜で原稿を上げた後に、車を走らせ山中湖へ。少し渋滞に巻き込まれたものの、無事到着。去年お世話になったMOMOさんのドーム船で釣り開始。去年はシーズン終わりで渋かったのですが、コンスタントに釣れます。初めてワカサギ釣りをする奥さんも楽しそう。天気も良く、富士山がきれいで、最高の釣り日和です。昼過ぎて、アタリが渋くなり、風も強くなってきたので、早上がりになりました。

二人で食べるには十分な釣果に満足して帰路につきました。

が・・・

連休初日の土曜の午後。悪夢のような渋滞が待っていました。通常、道が混んでなければ、自宅から山中湖は2時間で着く距離なのですが、睡眠不足と疲労を抱え5時間以上かかって帰宅・・・・

腰が悪化しました。山中湖は最高です。でも、もう連休には外出しません。

Sh3b01050001

| | コメント (0)

川開き

3月1日で渓流が川開きになったので、徹夜で原稿を上げたあと、中津川へ行ってきました。

正直、疲れてたので明日にしようかとも思ったのですが、晴れて暖かいのが今日だけなので、思い切って出発。が、やはり疲れに勝てず、行きの石川PAで仮眠。

現地に到着し、鮎釣りで何度か通った愛川橋の辺りで竿を出したのですが全く反応が無い。

ルアーの人やエサ釣りの人も来てはすぐ帰ってゆく。見回りの漁協の人も「今日はどこもダメだね」とのこと。どうも解禁であらかた釣られてしまったようです。当然と言えば当然か。車で入れる場所は、誰もが入れる場所。今日までに何人が竿を出したのか。川でのフライの取り回しの練習と考え、しばらく竿を振るも、どうしても魚の手応えが恋しくなり、近くの管理釣り場へ転進。そこでひとしきりニジマスに遊んでもらいました。ニジマスは、私の下手なフライ捌きにも掛かってくれるいじらしいやつです。ありがとう、ニジマス。

Sh3b0101

しかし、いい加減ライントラブル無く釣りが出来る様にならないものか。下手にも程がある

| | コメント (0)

奥多摩

奥多摩
東京の最深部奥多摩のTOKYOトラウトカントリーのフライ教室へ行ってきました。このような「完全に渓流」の場所でフライを振るのは始めてです。

雪が残っていて、寒いのですが、心は燃えています。講義で、魚の視界や流れに合わせた攻め方を教わり、いざ実釣。

が、正直どう攻めていいのか判らず、バックキャストで枯れススキに引っ掛けたりして、釣りにならず。悪戦苦闘してどうにかニジマス一匹上げて午前中終了。

レストランでピザを頂き、午後の戦いへ。午後から状況が上向いて、ポツポツと上がります。講師の宮崎先生に頂いたフライに、魚が良く寄ってきます。オレンジの視認性のいいフライなんですが、私はフライは黒いもの、地味なものと先入観があったので、これは衝撃でした。このフライで生涯初めてのヤマメを上げました。

あまり遡行せず、一ヶ所で釣っていたのですが、岩を上り下りしていたせいで、軽い筋肉痛です。でも日ごろの運動不足には良い薬かも。

帰宅後、キープしたニジマスとヤマメを炭塩焼きと刺身にして頂きました。生きたまま持ち帰ったニジマスの刺身は、身が張ってとても美味しかったです。前回釣ったイワナの骨を残していたので、イワナ酒を作ったのですがこれが進む進む。

都内と思えないくらい、空気の良いところなので、川開きまでに、また行きたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧